ああ、勘違い…

海沿いの道から内陸に入ると、再び青空が開けました。
この調子だと次の目的地である細岡展望台では綺麗な夕陽が見られそ〜!うっしっし…
とほくそ笑みながら走りること2時間。
展望台に到着しました〜!
が… 夕焼けな感じがしません。
何か様子がおかしいなぁ…と思いつつも、今日は変わりやすい天気なので時間が経てばまた晴れてくるかも〜と思い直し、展望台へ続く木道を歩いていきました。

あれ?夕焼けな気配がしないな…

弾力があって歩きやすい木道が続いています。

木道は程良く弾力があって、クッションの役目をしてくれるのでとても歩きやすいのですが、なかなか展望台が現れません。

途中、所々に休憩エリアも。

徐々に開けてきた感じがして…

まぁ、夕方の散歩にちょうど良いかなと思っていると、展望台に到着しました〜!

わ「うわ〜い!」

何か居ないかなぁ…

それではパノラマな感じでもどうぞっ

本当にキリンとかライオンが居そうです

私が「うわ〜!うわ〜!」言いながら、やみくもにシャッターを切っている間わんさはというと…

わ「ここにね、何かいるの」

わ「絶対何か隠れてるのになぁ…」

何者かとの別れを惜しむわんさを促し、反対方向から戻ることにしました。(この安易な判断が後ほど後悔することになるとはつゆ知らず…)
その前に観光犬らしい写真を看板の前で…と写真を撮った時に初めて「北斗展望台」の文字にようやく気がつきました…(汗)
目的地をカーナビに設定する時に持っていったiPodで住所検索して入力したのですが、どうやら違う展望台の住所を入れてしまったようです。(滝汗)
(そもそも、わざわざ事前に取り寄せておいたガイドブックを家に忘れてこなければ、こんな事には…)

と、その前に記念撮影〜

やがて階段が現れ…

まぁ、ここはここで良かったし、夕日もこの曇り空ではどっちみち見られなかったさ〜と思いながら、先に進むとやがて下りの階段が現れ「こっちから来なくて良かった」とホッとしていました。
次に低い吊り橋が現れ、面白そう!とわんさと張り切って上がったら、私が歩くことで上下に大きく揺れるので、わんさに迷惑がられました。

わ「吊り橋があるよ〜」

わ「ちょっとぉ〜 揺らさないでよぉ」

と、この辺までは余裕だったのですが、やがて登り階段地獄に突入〜(◎-◎;)
永遠に続くような長くて急な上り階段にもはや膝が笑いだし、息もゼィハァ〜絶え絶えに…

うえ〜!これどこまで続いてんのぉ〜!

この道で本当に戻れるのかな…

もしかして道を間違えて迷い込んでしまったのでは…
陽も暮れて暗くなってきたぞぉ…(滝汗)
と不安に思いだしたあたりで、やっと建物が見えてきてホッとしました。
グルッと回ること50分。ちょっと観光気分で展望台に〜♪と思って立ち寄ったのに、とんだ強行ハイキングとなりました。
侮るなかれ、釧路湿原っ

わんさは草を貪り、

駐車場にはCooんさ号だけポッツ〜ン

お茶をがぶ飲みし(わんさのお水だけしか持ち歩いてなかったので…)呼吸と気持ちを整え、そろそろ今回宿泊する『とうろの宿』を目指すことに…
ただ、この辺は携帯電話でも圏外なエリアが多く(恐らく繋がるのはドコモくらい?)今回は必ずや使えないPHSの他に持って行ったsoftbankのポケットwifiも圏外になってしまい、ここまで嘘つきカーナビのサポートをしてくれていたいiPodが使えません。
ちょっと不安を感じつつも、まぁ、もうすぐだし大丈夫だろうと向かったのでした。

わ「本当に大丈夫〜?」

あ…あれ…向こうに夕焼け空が…(汗)

途中、一山越えた向こう側に綺麗な夕焼け空が見えました。
ちゃんと細岡展望台に行っていたら、さぞかし綺麗だったことでしょう…もったいね〜〜〜

やがてカーナビが案内する道は、どんどん細くなり、ついにはかなりダートなそろばん砂利道に…(滝汗)
どうやら「距離優先」で設定したので、このコースになったようです。

今にも鹿が飛び出してきそう…

暗くてよく見えませんが両脇には湿原が…

ガタガタ道をようやく抜けて、塘路の町に到着しました。
しかし予めナビの案内では難しいかも…と言ってくれていたように、やはり宿が見当たりません。
公衆電話で宿に電話するのに駅の方に向かおうとしたら、看板が目に入りました。

この看板の写真は翌朝撮ったもの

イメージ通りとっても良い雰囲気のB&Bです

結局、到着したのは19時半過ぎ。
こちらの宿でも他にお客さんは居なく、私達だけの貸し切り状態。
大人しいけど人懐っこくて可愛い看板犬のチワワのココちゃんにご挨拶させてもらいながら、チェックインしてお部屋に荷物を運びました。
犬連れOKのお部屋にだけテラス付き〜
部屋の中はフリーOKで、通常ベッドの上だけは犬を上げることはNGですが、わんさは当然のように上がってしまうので予めお願いをして、ベッドカバーを持参することで許可して頂きました。

わ「何とか辿り着けたね〜」
(通常ベッドの上に犬を上げるのは禁止です)

まずは、わんさのご飯を先に〜
わ「お腹空いたぁ〜」

この辺で食事が出来るお店は既にオーダーストップとなっているので、夕食抜きで予約していたにも関わらず快くパパッと美味しいミートソースを作ってくださいました。
奥様は広島から来られたそうで、私と同年代なのですがすごく若くてかわいらしく気さくな方です。(夕飯作ってもらったから褒めてるわけではありませんよぉ〜笑)
おしゃれな吹き抜けのリビングダイニングで頂きま〜す!

どこを見てもオシャレな造り

大きなテラスからの景色も良さそ〜

とっても美味しい上にボリューム満点!

ここではケージで大人しく待機ですよ〜

ココちゃんも立派なカヌー犬なのですっ

C&わ「疲れたぁ〜」

宿を貸し切りと言うことは、お風呂も貸し切り〜
3人くらい余裕では入れる湯船にノビノビ〜っと入って、部屋に戻って館内無料無線LANを使ってiBookでコメントのお返事をさせてもらってる傍らで、わんさと平ぺったいCooはグッスリ〜
メインイベントの明日を前に充実しきりの1日でした。

(早朝散歩&カヌーツアーへとさらに続く〜)

この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトから トラックバック することができます。

6 Comments »

 
  • 杏はは より:

    やっぱり北海道はでっかい!!!

    パノラマ写真、ホントアフリカのジャングルみたいです。
    一杯動物達が潜んでいそう。

    でも、いつも思うけれど桂子さんは凄いな~。
    いくらCOOわんさちゃんが付いているとはいえ
    人っ子一人居ないじゃないですか~。
    私だったら駐車場の時点で引き返すかも… 笑。

    信用ならないナビのお陰でとんだ目に遭いましたね~。
    これもまた旅の醍醐味ってことで ふふ。

    B&Bも見つかって良かった。
    そこまでの道程も一人じゃ心細いぞ~!

    早朝散歩、カヌークルーズ楽しみ♪

    • kworca より:

      ほんとデッカイですね〜
      常々アフリカに行ってみたい!と思ってましたが
      車で行ける所にありましたわっ(笑)

      後から分かったんですが、ここから他の展望台とかにも
      ずっ〜と木道を歩いて行けるようで、
      ヘタに方向を間違えたら本当に迷ってしまうところでした。(汗)

      いやはや凄いだなんて、とんでもないっ
      きっと考えなしの凄いバカなんですねぇ〜 きゃっきゃっきゃっ
      あ、展望台に着く手前では、2組の人とすれ違ったんですよ〜
      それ以降は誰にも会わなかったけど…
      でも私としては、人が沢山居ても犬達が側にいてくれない方が
      心細く感じますね。(←ただの分離不安症候群)
      犬は悪霊関係は追い払ってくれるというし、
      ヒグマは近くに来ると野生臭がもの凄いらしいので
      いち早く察知してくれるので、そういう面でも心強いです。
      (前に一度、それっぽい時がありましたっけ…汗)

      ほんとこのナビは、とんでもない道へと
      いざなってくれるんですよねぇ。
      「おお!すぐそこは釧路川じゃ〜ん!!!」と喜んでもおりましたけどね。
      まぁ、私の性格も把握してのことなんでしょうか…

      早朝散歩がまたなかなかのものだったのですよ…(滝汗)
      写真まとめるのに、ちと時間下さいね〜(笑)

  • ゆた。 より:

    うぎゃ。

    ひさしぶりに来てみたら、
    また「遠く」まで、大冒険に!

    (でも、去年よりは結構近く~笑~)

    大自然あり、
    パプニングあり、
    笑いあり、
    冷や汗あり・・・・
    おなかいっぱいあり~!

    K&W+Cの旅は、たのしいなぁ。

    • kworca より:

      そうなんですよ〜 また冒険?修行?の旅に出ておりました。
      そそ!去年の2,193kmを経験しちゃうと
      830km?あらあら近いじゃな〜いって感じちゃうのが
      恐ろしいですよね。
      でも行ってみると、道内とはいえ結構遠いですよねぇ〜
      むしろ本州からの方が飛行機でピュ〜と来られるから
      時間は掛からないかもしれませんね。

      K&W+Cの旅は、必ずドタバタになっちゃうんですねぇ〜
      (ってか紛れもなく原因はWのみ?)
      ギリギリのラインで惨事を免れるというとこが
      振り返ると楽しいわけですが、きっと私の守護の天使は
      毎回毎回クッタクタになってると思われます。
      いつもご迷惑掛けております…(^^ゞ
      感謝、感謝…(笑)

  • やっこ より:

    細岡展望台に行くつもりが、北斗展望台に!!
    けどけどけど、すっごく素敵じゃん~~~。
    まじで、サバンナみたいだよ~~。
    しかもさ、こんな良い季節なのに、どうして
    人が居ないんだろう … それがすっごく不思議!
    それがまたラッキーだよっっ。

    でも、夕方だけに、心細い気持ちもわかる。

    湿原の上の吊橋!!
    木と木の間って、隙間がけっこう、あったりする?
    クライド翁は、そういう端があると
    何故だかちゃんと隙間に足を挟んでしまって
    歩けなくなるなり~。

    B&Bも、これまた最高だねぇ~~~。
    貸切なんて、すごいっっ。

    • kworca より:

      北斗展望台もなかなかの景観だったんですけどね〜
      何せあの強行ハイキングが…(汗)

      6月は祝日がないし、GWと夏休みに挟まれてる月だから
      みんな出掛けないのかもしれませんね〜
      でもホントここんとこ季節がズレてるから6月は良いですよ〜
      今回は高速の割引制度が廃止になるから混むかなぁ…
      とも思ったんですけどね。
      ラッキーだらけの旅行が出来ましたよ。

      がはは〜 クライドが挟まって、可愛いタレ目が更に
      面目ない顔で助けを求めてる図が目に浮かぶ〜(笑)
      あ、笑いごっちゃない!ない!挟まってケガしないようにの〜
      でもね、あそこのはそんなに隙間無かったから大丈夫!

      ドーム型が特徴の良いB&Bでしたよ〜
      やっぱもう1泊したかったなぁ〜

 

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。