動物のアンチエイジング

台風の後、穏やかな秋晴れが続いております。
今日は、私の歯医者さんに付き合ってもらってから近くの公園でお散歩。
お昼近くになってしまいましたが、気温も過ごしやすくなっています。

わ「やっとお散歩だぁ」

わ「気持ちいいねぇ〜」

フリスビー解禁されてます

わ「もう、へっちゃらだよぉ〜」

そして午後からは、表参道ペットクリニックへ。
わんさの手術の詳細報告をして、術後の自己免疫力を整えるためのお薬と薬膳を処方して頂きました。

サプリメントや薬膳は、西洋医学的には「気安め」的な扱いで、ペット保険でも適応外となっているのが現状です。
わんさの胆泥症において、4ヶ月続けた西洋医学の薬では全く効果がなかったのが、6月末から始めた薬膳療法により改善しました。
軟便においても、整腸剤では効果がなく、ステロイドでは副作用で肝臓が腫れたりしていましたが、表参道ペットクリニック島崎先生に頂いたハーブを食事に混ぜただけですぐに良くなりました。
もちろん西洋医学の薬や手術も必要ではあります。
でも病気がハッキリ発症する前の未病の状態や、西洋医学では判明しきれていない病気に対しては、東洋医学もとても重要な役割を果たすと思います。
どちらか一方のみを選ぶのではなく、療法の良い部分を生かしながら併用して治療を進めていくやり方が昨今、獣医師会でも徐々に広まりつつあるようです。
その内容の講演会が来週10月2日(日)に行われます。(入場無料なのですが、明日25日までに先行予約すると指定席を確保出来る上に無添加オヤツももらえます)
演者は、東京大学名誉教授 日本伝統獣医学会 会長の長谷川篤彦先生(獣医師会の重鎮だそうです)と、表参道ペットクリニック島崎先生。
島崎先生は今回わんさに処方して頂いた薬にも入っているレスベラトロールという天然成分についてお話しされるそうです。

わんさの手術を前にして「私も13歳になる犬を2匹飼っているけど、一度も病院に罹ったことはないの。連れて行けば歳も歳だからそれなりに病気が見つかるかも知れないけれど、それで死んでしまうならそれが寿命だと思うのよ」と仰る方に会いました。
それを聞いて、私がわんさにしてきたこと、しようとしていることは自然現象に逆らおうとする傲慢なことなのだろうか…と考えたりもしました。
生き物は必ず死にます。
私自身は長生きしたいとは思いませんし、死が訪れることは当然の現象だと思います。
ただその前に体験するであろう苦しみや痛みには恐怖を感じます。
わんさに不老不死を望んでいるわけではありません。
ただ出来るだけ穏やかに老いていって、穏やかな最期を見届けたいと思うのです。

きっとタメになるはず。

Cooの頑張りの証です。

それから、今日の診察前に島崎先生が私に封筒を渡してくれました。
これまでのCooとわんさの検査結果などをファイリングしているのですが、他の病院で行ったCooの最後の輸血時の血液検査の結果を亡くなる前日にこちらを訪れた際に提出してそのままになっており、そのうちコピーを頂こうと思いながらもお願いするのが遅くなっておりました。
先日、先生に話してみたところ亡くなった患者のカルテは倉庫に移してしまっているとのことでしたが、ちゃんと探しておいてくれたのです。
白血球数は26500、血小板数は0.9L、ALPにおいては測定出来る3500Hを振り切っていて改めて涙をそそる数値ではあるのですが、Cooが懸命に頑張ってくれた証でもあります。
何だかCooが戻って来てくれた感じがしました。

この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトから トラックバック することができます。

2 Comments »

 
  • madomado より:

    先日、7年前に撮影をしたことがあるワンちゃんが14歳を迎えるということで再び撮影させていただくことになりました。
    偶然にも現在ワンサが行っている表参道クリニックとM谷さんの両方に通っているとのこと。
    アンチエイジングのチラシも頂きました。
    表参道クリニックの先生からこのイベントに使うので
    ワンちゃんの写真を貸してくださいということで
    「せっかくならまた撮影してもらおう」と連絡を頂きました。
    7年前の写真が宝物・・・とおっしゃっていただきました。
    このワンちゃんも手術か否かで迷い、食事療法を選び
    現在元気になっています。
    10/2にはその飼い主の方のエッセイが朗読されるとのこと。
    都合がついたら行きたいと思っています。
    どういう方法であろうとワンコのために「最良」と考えてしたことであれば、それが「正解」なんだと思いますよ!

    • kworca より:

      14歳ですかぁ〜 羨ましいなぁ…
      年月の長さは関係ないとは思いますが、やはり少しでも長く一緒に過ごせれば
      それだけの想い出が出来ますよね。
      Cooの時、ある先生から「1日や2日、延命出来たとしても意味はないでしょう」と
      言われましたが、Cooが亡くなる前日の一日は今でもとても大切な一日として残っています。
      愛犬との日々に意味のない一日など存在しないと思いますね。

      表参道ペットクリニックでお会いする方々は、本当に愛犬愛猫を愛してらっしゃる方々ばかりで
      いつもホッコリした気持ちになれます。
      島崎先生の薬膳やハーブはホント恐るべし(笑)効果がありますしね〜

      おかげで10/2の朗読を聞くのが、より楽しみになりました。
      新たに撮った写真も楽しみです。
      会場でmadomadoとも久しぶりにお会い出来ると良いなぁ〜
      心強いお言葉もありがとうございますっ

 

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。